「Live Earth」、各地で数千人の観客が来場

 地球温暖化は、ネガティブな出来事?
 問題、災難が強調されるが、私たちの毎日の日々はたぶん、幸いなことに喜怒哀楽とたまに生命の躍動に満たされている、、、、

 ということで、盛り上がったんですか? コンサート?

 多くの人の参加が必要とされるということで、なんでもいいから動こうよ!
 ということで、コンサートは見ていないが、、、もりあがって休日を満喫すべし。


-----しなやかな技術研究会のタイムライン-----

続きを読む >>

米国民の半数がブッシュ大統領の弾劾望む、世論調査

 弾劾したいと考えるのは当然だろう。
 大量破壊兵器うんぬんのでっちあげ開戦で、これだけの犠牲者を出している。この戦争に国民はうまくのせられたが、得をしたのは誰なのかということを考えている活動家も多い。
 死者の数については複数のサイトがあるが、

 まずはアメリカ軍については、
Antiwar.com : Casualties in Iraq

 イラク市民などについては、
www.iraqbodycount.org “Change the channel”

 誰が得をしたのか、、しているのか?

Iraq for Sale Banned Excerpts


ABC John Stossel Shows What's Wrong With U.S. Foreign Policy





米国に対する世界の意識、「好ましくない」と答える人が増加傾向

 しかし、アメリカの雑誌、映画、TV、ニュースなどの”物量と質の巾”を考えると、当然の結果かな。国内で、もっとも情報が氾濫しているのは、アメリカというのは確かだと思う。
 イラク、アブグレイブで完全に評判を下げているが、アメリカ国民は高い生命という代償を払わされ続けている。
 グローバリズム経済、、、アメリカ製の民主主義とセット観があるが、実際には相克する図が目立つ。先進国の論理と途上国、両者の見方には大きな立場の違いがある。さらに飢餓、戦争、災害で苦しむ貧しい国にとっては、グローバリズムの見え方はぜんぜん違うだろう。
 ところで、
 アメリカが評判を下げたのには、YouTubeなどの参加型ビデオメディアの影響もあると思っている。逆に、日本の評判なども気になるところだが、、、、

Americans are NOT stupid - WITH SUBTITLES



-----しなやかな技術研究会のタイムライン-----





温暖化で北極圏の池が消える

 今年は、世界極地年。(March 2007 to March 2009)
 北極、南極ともさまざまなプロジェクトが行われています。

International Polar Year

 上記ホームページからさまざまな世界中の極地の情報へのリンクがあり、日ごろ知ることがなかった極地の様子を知ることができる。なかでも、素人でもわかりやすいのが衛星画像の世界。The 4th International Polar Year
Google Earth Layer
BETA
というサイトにアクセスし、International Polar Year layerをグーグルアースに読み込むことで、さまざまな衛星画像による情報にアクセスできるようになります。

 とりあえず、通常はグーグルアースでは海となっていて氷塊はされない北極の氷の状態を読み込んでみました。

View NSIDC Data on Virtual Globes: Google Earth

 Sea ice
View Arctic and Antarctic sea ice extents from 1979-2006 (animated data time series)のデーター読み込むと海氷の1979年春と秋の経年変化を追うことができるようになります。
20073antarctic_sea_ice
-----image : 2006/9,the Antarctic sea ice on Google Earth

参考
JAXA : 北極海の海氷域に出現した巨大ポリニア

Science@nasa,A Chilling Possibility

RECENT WARMING OF ARCTIC MAY AFFECT WORLDWIDE CLIMATE-----NASA : October 23, 2003

ESA satellite guides polar explorers across disintegrating sea ice

参考エントリー
北極海の氷の島、漂流調査開始-----2007/5/28


-----しなやかな技術研究会のタイムライン-----


中国に雨期到来、北部では干ばつ続く

 広大な中国大陸。インドと同じように、大雨の被害と干ばつにあえぐ地域が存在する。こうした気候の極端化は、気候変動の影響によるものとも言われる。衛星画像でみると、インド、中国、日本、、みな同じ空の下だ。

 一方、日本の気象は、ラニーニャの影響を受けるという。ラニーニャが観測されているのは、南米沖だ、、、、気象の世界はつながっているが、影響を推し量るのはむずかしい。

今年はラニーニャが出現。猛暑で渇水、、、!?-----しなやかな技術研究会、2007/6/12

参考
WMO world weather : China

China Meteorological Administration / 中国气象局公室

070705_jptpm1535captureed
-----7月5日のGoogle Earthでみた雲の様子(日本時間午後15:35分キャプチャー画像)
続きを読む >>


calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブラジル各地で乾燥と高温による山火事
    hashi369
  • オーストラリアの巡視船が南極海へ出航、日本の調査捕鯨を監視へ
    アリア
  • 民主党と新星、岡田克也さんのエネルギー、気候変動問題への政策
    売国政党
  • 豚インフルは、”Swine influenza”へ WHOのパンデミック警戒フェーズは4
    yutakarlson
  • 英無人航空機が連続飛行54時間で、世界記録を達成
    t_t
  • スペースシャトル・ディスカバリー、ISSとドッキング 星出さんらISS入り
    としき
  • チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も
    t_t
  • チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も
    zali
  • シカゴ中心部に緑のパッチワーク、世界最大の屋上緑化計画
    関連情報
  • マラソン世界記録保持者 大気汚染を理由に北京五輪を欠場
    万里の長城マラソン

recent trackback

recommend

地球市民の条件―人類再生のためのパラダイム
地球市民の条件―人類再生のためのパラダイム (JUGEMレビュー »)
ヘイゼル ヘンダーソン, Hazel Henderson, 尾形 敬次

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM