キーワード「脱石油」

豊かな石油時代が終わる-----石井吉徳さんのサイト


スポンサーサイト

  • 2019.12.16 Monday
  • -
  • 10:22
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ご一読下さいm( _ _ )m

ピークオイル 「日本の未来、最も現実的なシナリオ」 書籍紹介
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/738.html

ピークオイル 「日本が生き残る方法」 書籍紹介
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/739.html

ピークオイル 日本の認識度の例
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/758.html
  • 2006/04/04 12:34 AM
Y様
 コメントありがとうございます。
 ピークオイル関連のサイト、いつも拝見しております。日本が生き残る方法も立ち読みですが、目はとおしつつあります。
 ではまた
  • T
  • 2006/04/04 3:32 PM
レス有難うございます。

宜しければこちらもご覧下さい

エネルギー関係者のSamochanさん
http://diary.jp.aol.com/pmh2hm6htf/33.html#comment

現役、石油開発専門企業に30年お勤めの魚讃人さん
http://8926.teacup.com/toto01/bbs
  • 2006/04/05 2:57 AM
Y様
 ピークオイル。現状認識としては、”現実”だと思っております。 問題は、ピークオイルを裏付けるデーターが国家、企業により秘匿できるということです。武器と石油は、自由市場とはまったくことなる次元の戦略により、いかようにも情報操作できる点にあります。
 したがって、ピークオイルは、「現状は」欲意的にしか議論できないテーマだと考えております。傍観モードです。
  • t_t
  • 2006/04/05 10:47 AM
t_tさんこんにちわ。コメント有難うございます。

仰る事ごもっともです。世界で簡単に公に出来ない最も大きな理由は「先進
国の人類、社会は豊富で安い石油利用がゆえに存在しているから」だと思い
ます。今まで、阿修羅に件の投稿をしたもんを友人、知人にメールにて紹介
しているのですが、最近の紹介メールに添えた文を掲載致します。




ピークオイル問題へのご理解の程は如何でしょうか?

最初の投稿紹介から、皆様に「不快、重苦しい、悲観的、絶望的」な思いを
させてしまいまして大変申し訳ありません。常々、心苦しく思っております。

ただ一点、「最悪、いよいよ石油減耗の危機が明らかになった際、心積もり
が有ればその時に必要で適切な判断が出来る」事を信じて情報をご紹介させ
て頂きました。

そして、願わくば、ピークオイル問題を理解して頂、同様に情報の普及をし
て頂きたいと思っており、世界中のその様な切欠から「いい方に世界が変る
」事を斜に構えつつ祈っていました。私は現実的なので非常に想像しがたい
ですが。

しかし実際、恐らく殆どの方は、私のメールが届いた段階でゴミ箱行きにさ
れているとも思っております(逆でしたら私もそうしたでしょう)。

もし、これまでの投稿、紹介した書籍、論文をご丁寧にお読みになった方が
居りましたら、既に「ある結論」「最も高い可能性」を否定できなくなって
いるのではないでしょうか。

それは、「現在の近代文明社会−自然収奪型の浪費社会−の継続は不可能」
「継続可能性型社会への転換は不可能」であるという結論です。

私は当初より確信していました。しかし、問題の深刻さと立場を弁え、各々
方で結論をだすべき問題と思い、有識者の論をご紹介する立場をとってきた
つもりです。しかし、悲観的な私見も混ざっているのかもしれません。

石油減耗が顕著化して終りの無いオイルパニックが起こったら、世界経済や
日本経済は必ず崩壊を始めます。

仮に石油減耗が起こらなくとも既に安い石油を失ったので、このまま原油価
格高騰が続きます・・・やはり結果は崩壊でしょう。

もちろん、産出量(オイルピーク、石油ピーク)は高低のばらつきが有りそ
の平均なので、この先、産出量が一時的に増える可能性はあります。しかし、
それは少々(例えば5年程度)の誤差であり本質的解決にはなりません。

石油減産は3〜6%と言われますがこれは世界の平均です。アメリカ、EU、
中国、インド・・・石油を輸入に頼る強欲で核兵器という実行力をもつ国は
「皆で平等に分ける」事はしないでしょう。日本他、立場の弱い国に廻って
くる分はもっと少なくなると考えるべきです。


石油減耗時代をなんとか遣ってゆくには?崩壊を避けるには?


現実的に減る石油生産量より多く、需要を、例えば年4%以上減少してゆく
方法しかありません。年4%とは、大雑把に10年後には需要が今の60%
になっていないといけません。ところがIEAの石油需要の見通しは203
0年には今の1.5倍になると言っています!!。ご想像のとおり、それは
国家的に周知で、既に世論が形成されており、必要な国策、法案を制定済み
で直ぐにでも実行可能でないといけないでしょう・・・それも世界中の国が
・・・グローバル経済のツケですね。

残念ながら、世界中を見渡してみてその様な取り組みを実行している国はあ
りません。最近、日本の宗主国、アメリカのブッシュ大統領が一般教書演説
で「廃棄している食物繊維からエタノールを作る計画」の発表をしました。
これは、食べた方が無駄のない「コーンやトウキビから作るエタノール案」
より一歩進んだ話で、関係者の間では小泉につぐ「脱石油社会へ」の理解、
公言と評価されているようです。


現実はこの程度です。


「ブッシュの(脱石油社会)発言」など霞む程、石油減耗、原油価格高騰は
大きな問題です。


継続可能な社会への転換とは、現在の浪費社会から経済の殆どを占める無駄
を省いてゆく作業です。

生活の上で必需品、必要最低限の事、それ以外の消費の多さを考えれば理解
できるのではないでしょうか。今や先進国は贅沢や無駄をする事で、経済が
なりたっています。

例えば向こう10年、自動車と家電製品の生産が日本には必要ないと理解し
たとしてもそれを実行する事、段階的にでも減らす事は出来るでしょうか?

改めて無駄な浪費を控える質素な生活を考えると、同時に無駄や贅沢を創出
する事で生活している人が大半だと気が付くはずです。政治は無駄を提供す
  • 2006/04/05 12:25 PM
る企業、資本家の意向で動いています。これは世界中の先進国の一次産業(
農業、漁業、林業)の就業者人口、GDPに占める割合の少なさを理解すれ
ば解るでしょう。

皮肉な事に、人類を繁栄(?)に導いた近代化とは、生きてゆく上で最も重
要な、一次産業以外で生活している人を増やし過ぎてしまいました。先進国
ではその殆どの国民そうです。


世界中の先進国、グローバル経済の渦中にある途上国。


殆どの人類は危機的状況に置かれています。



「ピークオイル問題」は、EU、USではかなり理解が進んでいる事実です。



いい加減、日本も思考停止から理解を始めてゆかないと最悪の選択肢しか残
らなくなるでしょう。


私見ですが、つい3,4年前まで原油価格1バレル約20ドル、昨年には70
ドルを突破、現在も同じくらいの勢いである事、アメリカやEUの中東に対
する態度、事実、これらを考えると、5年以内に日本経済が崩壊を始め、続
いてオイルショックが起こっても、決しておかしくは無いと思っています。
  • 2006/04/06 2:54 PM
【注意未完】ピークオイル 油田の基礎知識、理解されない可採埋蔵量の増える理由、ピークオイル論者が誤解される理由


ご一読下さいm( _ _ )m

http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/812.html
  • 2006/04/07 6:30 PM
ピークオイル 石井吉徳、ビル・トッテン、アントニー・FF・ボーイズ、枝廣淳子、益岡賢、倉本聰他(敬称略)にご紹介しました。


以上の方々に次のページをご紹介させて頂きました。



エネルギー関係者のSamochanさんの所で
http://diary.jp.aol.com/applet/pmh2hm6htf/20060407/archive
http://diary.jp.aol.com/pmh2hm6htf/33.html


石油開発専門企業に30年お勤め、現役の魚讃人さんの所で
http://8926.teacup.com/toto01/bbs


その他一覧
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/758.html


各位のプロフィールはこちらからドウゾ
http://asyura2.com/0601/hasan45/msg/813.html
  • 2006/04/07 8:22 PM
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
・abovetopsecret.com  -Peak Oil ・peakoil.com
  • GreenPost -Heuristic Life -
  • 2006/03/23 10:27 AM

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

  • ブラジル各地で乾燥と高温による山火事
    hashi369
  • オーストラリアの巡視船が南極海へ出航、日本の調査捕鯨を監視へ
    アリア
  • 民主党と新星、岡田克也さんのエネルギー、気候変動問題への政策
    売国政党
  • 豚インフルは、”Swine influenza”へ WHOのパンデミック警戒フェーズは4
    yutakarlson
  • 英無人航空機が連続飛行54時間で、世界記録を達成
    t_t
  • スペースシャトル・ディスカバリー、ISSとドッキング 星出さんらISS入り
    としき
  • チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も
    t_t
  • チベット暴動、中国軍が発砲か、死者80人以上の情報も
    zali
  • シカゴ中心部に緑のパッチワーク、世界最大の屋上緑化計画
    関連情報
  • マラソン世界記録保持者 大気汚染を理由に北京五輪を欠場
    万里の長城マラソン

recent trackback

recommend

地球市民の条件―人類再生のためのパラダイム
地球市民の条件―人類再生のためのパラダイム (JUGEMレビュー »)
ヘイゼル ヘンダーソン, Hazel Henderson, 尾形 敬次

recommend

links

profile

search this site.

sponsored links

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM